TOPページへ

学校経営計画


1 経営の基本

 生涯学習社会を生きる人間としての基礎づくりのため、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童をめざし、日本国憲法、教育基本法及び学校教育法等の諸法規並びに岩手県教育委員会及び奥州市教育委員会の方針に則り、本校児童の実態と地域の特性を踏まえて学校経営を進める。

2 学校教育目標

人間尊重の精神を基調とし、心身ともに健康で学力があり、向上心と実践力をもった子どもを育てる。

(1)     進んで学習する子ども    (知性を磨く)

(2)     仲よく助け合う子ども    (感性を磨く)

(3)     強い体にきたえる子ども   (耐性を磨く)

3 めざす姿

(1) 子ども像

  希望で 登校  感謝で 下校 

学校教育目標

具体的なめざす子ども像



進んで学習する
子ども

○ よく聞き、よく考え、進んで発表する子

○ 授業と関連を考え、進んで予習や復習などの家庭学習をする子

○ 学習の見通しをもったり、既習事項を生かしたり、学習を振り返ったりする子



仲よく助け合う
子ども

○ 名前を呼んだあいさつや礼儀正しい言葉づかいをする子

○ 思いやりの心を持ち、励ましたり協力したりする子

○ 本や自然を好み、豊かな感情をもつ子



強い体にきたえる
子ども

○ 基本的な生活習慣等に気をつけ、健康な体をもつ子

○ 安全に気をつけ、命を大事にする子

○ ねばり強く体力づくりに励み、丈夫な体をもつ子

 (2) 教師像

  ア 使命感と情熱を持って教育にあたる教師

  イ 一人一人の子どもを大切にし、認め、褒め、共感する教師

  ウ 健康・明朗で、協調・協働する教師

  エ 子ども、保護者、地域から信頼される教師

 (3) 学校像

  ア 明るく、生き生きとした学校

  イ 学び合い、笑顔あふれる学校

  ウ 潤い、感動のある学校

  エ けじめと礼儀のある学校

 (4) 家庭像

  ア 子どもの養育、教育について一致して実践する家庭

  イ 基本的な生活習慣の確立に努める家庭

  ウ 善悪の判断の基準を示し、教育する家庭

  エ 地域・学校とのコミュニケーションを大切にする家庭

4 めざす経営のキーワード

 ○ 「笑顔」:学習の楽しさと喜び、充実感、学級における所属感・有用感、信頼関係

 ○ 「潤い」:精神的なゆとりとほのぼのとしたよさを感じる場の設定(ミニ音楽会、時期にあった温かい放送など)

 ○ 「継続」:名前を呼んだあいさつ、おうちの人に伝える、歩いて登下校、自転車走行技術の向上、

 ○ 「協働(チームワーク)」:教職員集団(チーム玉里)

○ 「連携」:保小の連携、小中の連携、5校の連携、家庭、地域との連携

5 経営の方針

 教職員一人一人のよさを発揮しながら、どの教職員も学校経営に対する参画意識を高め、学校教育目標の具現化に向けた取組を組織的、計画的に展開する。

(1)いわて型コミュニティ・スクールの推進をめざし、「まなびフェスト」を活用しながら、家庭・地域と目標を共有した教育活動を展開する。

(2) 郷土の復興・発展を担う児童の生きる力の育成に必要な教育について教育活動全体を通して行う。

(3)本年度の重点の体系化を図り、日常の教育活動を意図的、計画的に進める。

(4)教職員一人一人の指導力の向上をめざし、計画的、目的的、主体的に研究、研修を進める。

(5)P−D−C−Aのサイクルを大切にし、学校評価等を実施し、経営改善に役立てる。

6 経営の重点

 (1) 確かな学力を身に付ける学習指導の充実

  ア 『奥州E−プラン@』を基に学力向上を図る取組の推進(教務・研究)

@新学習指導要領完全実施にあたり、その趣旨及び内容に応じた年間指導計画の修正と実践

A学習状況調査などの諸調査による実態把握と指導法の改善

B「楽しい」「分かった」「できた」など児童の学びに視点を当てた授業の実践

 (学びの共同体による実践)

C基礎的な知識及び技能を習得し、思考力・判断力・表現力を活用する授業の実践

D授業と連動した家庭学習の充実

E漢字力、計算力、音読力の徹底指導・・・漢字大会、計算大会、音読集会の実施

  イ 地域に素材を求め、発展する総合的な学習の時間の推進(教務:総合的な学習の時間)

@ふるさと学習「米作り」「りんご作り」「地域学習」等の充実

A伝承活動「江刺甚句踊り」の継承と発展

B市内文化財施設等を活用した体験活動の充実

 (2) 豊かな人間性を育てる心の教育の充実

  ア 社会性や自主性を育てる教育活動の展開(生徒指導)

@豊かな人間関係づくりをめざす学級経営の充実と諸活動の工夫

A教育相談の充実による問題行動の抑止、早期発見・早期対応

B生徒指導の三機能を生かした教科指導

C基本的な生活習慣の確立

  イ 道徳授業の充実を基盤にした道徳教育の充実(教務:道徳教育)

@週1時間の道徳の授業の充実

A体験的活動を関連させた道徳教育の充実

B道徳の授業の公開(地域・保護者)

  ウ 読書指導の推進(教務:図書館教育・図書館司書)

@朝読書の時間の工夫と改善

A読書の習慣化を図る指導の工夫

B家族を巻き込んだ週末読書の実施

  エ 潤いのある環境の整備・美化の推進(教務:環境・情報)

@花壇・栽培園の効果的な活用

A清掃活動等の充実

B学習進度に即した教育的な配慮のある掲示の工夫

C言語環境の工夫・・・放送、掲示物

D花さきホール活用の工夫・・・グランドピアノを使った音楽会、掲示板の活用

 (3) たくましい心身を育てる健康教育及び生命尊重の教育の充実

  ア 教科体育・業間運動の充実(教務:全校体育)

@めあてを明確にした体育授業の充実

A体育等における異学年交流の実施

B児童の持久力向上をめざす業間運動の実施

  イ 生活リズムの確立と保健指導の充実(生徒指導・保健)

@基本的な生活習慣の確立

A食習慣指導の充実

Bむし歯予防対策の充実

C日常的な保健指導の充実

D歩いて登下校する子の育成

  ウ 安全教育、生命尊重・防災教育の推進(生徒指導)

@第7次交通無事故1500日運動の推進・・・平成26年3月30日達成日

集団登下校の安全確保、安全な自転車走行

A緊急災害マニュアルの徹底・・・職員連絡体制、児童・家庭への連絡

B不審者対策・・・避難訓練等の実施

C生命への関心と性指導の授業の実施

エ 復興教育(キャリア教育の関連から)(教務・生徒指導)

 @教育活動

 A自分の命は自分で守る(危険回避能力の育成)

  危機管理マニュアルの徹底

B支援校との交流

  オ 学校保健委員会・PTAとの連携(保健)

@学校保健委員会の開催と充実

A家庭・地域連携による「健康の日」の取組

 (4) 授業力、指導力を伸ばす研究・研修の充実(研究) 

  ア 教職員の資質向上と研修体制の充実

@国語科を中心にした授業改善

  イ 各種研修会への積極的な参加

  ウ 授業交流会の実施(各学期1回)

  エ 先進校への目的的な研修視察の実施

  オ 課題を明確にした自己研修の推進

  カ とも学びプランの実施(5校連携・交流)

  キ 小中連携(中学校専科による授業)

 (5) 家庭・地域(保・中等)連携の強化と特色ある学校づくり(教務)

  ア 自由参観日、三世代間交流の改善と実施

  イ 地域の人材の積極的な活用(人材マップの作成と活用)

  ウ 保育所、中学校等との連携の促進

  エ 校報・学級通信・ホームページ等の定期的発行による情報発信

  オ 地域行事参加の児童への指導及び教職員の積極的な参加

  カ 「まなびフェスト」の活用と評価による連携の強化